年利回り10%なら7年で資産が2倍に!年利10%+複利の効果を紹介

私は『先進国株式インデックス+南アフリカランドの投資で年利回り10%を目指そう』で書いている通り、年利回り10%をターゲットに運用をしています。

年利回り10%ですと、10年で100%(2倍)になる! と思う方がいますが、実は利回り10%なら複利効果によって7年で資産2倍は達成出来るのです。

複利とは、投資で得た利益をそのまま再投資して、利回りを雪だるま式に増やしていく手法です。

例えば100万円を利回り10%で運用すれば、1年後に10万円の利益を確保出来ますね。その10万円を再投資すれば、2年目は投資元本が110万円になります。

110万円の10%は11万円と、1年目より利益が1万円増えていますね。

このように運用で得た利回りを再投資して回していくと、年利回り10%の場合、7年で利益100%に到達するのです。

詳しくは下記の複利計算を利用してみると、はっきり分かりますよ。

・複利計算

この複利効果は投資における基本であり、必ず知っておくべき知識です。


分配金を再投資する事で複利効果を得られる

株式や高スワップ金利の通貨に投資して、一番嬉しいのは分配金や利息(スワップポイント)が貰えた時ですよね。

しかし、株式の分配金やFXのスワップポイントを「儲けた!」と喜んで引き出して消費してしまうと、複利効果は得られません。

分配金やスワップポイントを再投資することで、更に大きな利益を確保していく…というのが長期投資の基本になります。

私が投資している先進国株式インデックスは、分配金を一切出しません。

それは複利効果を最大限にするために、配当金を出さず全て投資信託側で再投資しているからです。

よくノーロード(購入手数料無料)の投資信託は「配当金が出ないから嫌だ」という人がいますが、あれは複利効果を狙って自動で再投資しているだけであって、配当金が出ないから損という訳ではないのです。

ただ、心理的には配当金やスワップポイントなど定期的にお金が得られた方が安心しますし、嬉しいですよね。

私が投資している南アフリカランドは年7%前後の利息(スワップポイント)が毎日付くので、先進国株式インデックスで配当金が得られない分、気持ち的な面を南アフリカランドで補填しています。

理論的には配当金ゼロ、自動で再投資してくれる投資信託が効率的だと分かるのですが、やはり配当金をもらうとテンションが上りますし、長期保有のモチベーションにもなるので、あまり厳しく「配当金に手を付けるな!」と自分を縛らないほうが良いと思いますよ。

スワップポイントについては下記の記事で解説しています。

・スワップポイント(スワップ金利)で稼ぐ方法と仕組み。実例付きで詳しく解説

南アフリカランドの投資価値については下記で紹介しています。

・南アフリカランドでスワップ金利を稼ぐメリット・デメリット。南アフリカランドの投資価値は?

私の基本的な投資方針はこちら。

・南アフリカランドでスワップ金利を稼ぐメリット・デメリット。南アフリカランドの投資価値は?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする