FXで大損する人の特徴3つ。市場から退場しないための鉄則とは?

FXで大損してしまう人、負け続けて軍資金を失ってしまう人というのは、得てして共通する特徴があります。

1:『感情に任せてトレードする』
2:『シナリオを描かずポジションを建てる』
3:『資金管理とリスク管理が出来ていない』

この3つです。

今回は、FXで大損する人の特徴を一つずつ解説していきます。


感情に任せてトレードする

FXで最もやってはいけない事が、感情に任せてトレードをする事です。

例えば、トレードで負けて「取り返してやる!」とやっきになってレバレッジを上げてポジションを建てる…など、こういった感情的なトレードは負けを呼び込みやすいです。

冷静さを失い、損失を取り戻そうとトレードした場合、一番くらいやすいのが往復ビンタです。

往復ビンタとは、ドル円が上げ・下げをジグザグに動いた時に、見事に逆にポジションを建ててしまい、すべてロスカットされて損失だけ増えてしまう事です。

往復ビンタはFXにおいて一番損失が大きくなるパターンであり、レバレッジの大小に関わらず、避けるべきミスです。

しかし「負けを取り返す」と感情にまかせてトレードすると、必ずといって良いほど、この罠にハマるので注意しましょう。

なぜ感情に任せてトレードをすると、損失を生みやすいのか?

それは、人間は「得をした時の喜び」よりも「損をした時の苦しみ」の方が大きいからです。

これは心理学でも証明されており、トレードにおいてはプロのトレーダーでも、この心理に揺さぶられて損失を出してしまうケースがあります。

あなたと同じようにトレードで負けた人は「取り返す!」と同じように感情的になってポジションを建てます。

そうすると「待ってました」と言わんばかりに、リベンジトレードをする感情的なトレーダーを狙ったハゲタカ・トレーダーによって押し込まれ、利益を奪われてしまいます。

感情的なリベンジトレードは、ハゲタカにとってネギを背負ったカモです。カモにならないためにも、もし損失を出してしまったら、一度冷静になって相場を俯瞰することが大切です。

トレンドはどちらに向いているのか?
円高・円安の材料は今何があるのか?

といった事をじっくりと考えてからトレードを再開しましょう。

FXでは、損失を出しても税金を繰り越せるので、急いで損失の穴埋めをする必要性はありません。

必ず大きく稼げるチャンスはやってきますから、ファンダメンタルズ分析によってシナリオが明白な時を待って、トレードを一休みする事がさらなる損失を避けるコツです。

FXで大損する人は「待つ」という行動が出来ないです。損失を出してしまったら、慌てずにチャートと向き合って、戦略を立て直しましょう。

シナリオを描かずポジションを建てる

FXは世界経済や国の情勢・政治によってチャートが動きます。

為替を動かしているのはトレーダー(投資家)ですが、トレーダーの心理の裏には常にシナリオ(根拠)があります。

ファンダメンタルズ分析を丁寧に行っていけば、自分なりにシナリオを描く事が出来ます。

ファンダメンタルズ分析のやり方については、下記の記事を読んで下さい。

・FX初心者でも分かるファンダメンタルズ分析のやり方。考え方から重要指標まで紹介

例えば、アメリカの利上げ路線は、中期~長期的には円安材料ですが、昨今の米指標は『予想より下回る』事が多かったですね。

予想より下回った指標が発表された時に、大きく円高に触れました。

しかし、1ドル111円以下まで円高に振れる勢いは無かったため、112円前半から反動する&中長期的には米利上げという強い円安材料がある…といったシナリオを描き、112円前半でロングポジションを建て30pips~40pipsで利確する…といった具合です。

このシナリオは、実際に私がハイレバレッジをかけて100万の利益を確保した時に描いたシナリオです。その時のトレード記録はこちら。

・海外FX『XM』のハイレバレッジ取引で1日100万稼ぎました。その手法とトレード画面を公開

シナリオを描くということは、各材料から未来を予測することですから、いつも的中する訳ではありません。

しかし、シナリオを描きながらトレードを繰り返す事で、少しずつ予想の精度を高める事が出来ます。

また、仮にシナリオを外して損失を出してしまっても「あ~、負けた」と言って終わるのではなく、なぜ逆に為替が動いたのか、深く考察して材料を見極める事が大切です。

スポーツでも、勝ち試合より負け試合の方が多くのことを学べますよね。

FXトレードも同じで「なぜ為替はこう動いたのか?」というシナリオの考察を繰り返す事で、少しずつトレードの質が上がっていきます。

このシナリオを描いて、考察をしてトレードを繰り返す…という事を意識しないと、上がるか下がるかのギャンブルになってしまいます。

FXはファンダメンタルズ分析と資金管理・リスク管理をしっかりやれば、勝率を伸ばす事が出来る資産運用ですから、必ず「何となく」「雰囲気でこっち」といったトレードはやめて、常にシナリオを描いてポジションを建てるようにしましょう。

資金管理とリスク管理が出来ていない

資金管理とリスク管理は、FXにかぎらず投資において重要な項目です。

例えば、貯金が100万円あって、その全てをFX資金に当ててハイレバレッジトレードをしたら、どうでしょうか?

虎の子の貯金をすべて賭けるのですから「負けたくない!」という気持ちが強く出てしまい、損切りや利確の判断が出来ず、思わぬ損失を出してしまう可能性が高くなります。

おまけに、ハイレバレッジでトレードをすれば、損失を出すと最大で証拠金の20%しか残りませんから、貯金が一気に20万円になってしまいます。

そうなった時の落ち込みと、FXへの憎しみは、あなたの人生の質と幸福度を大幅に下げてしまうでしょう。

FXをはじめとした投資・資産運用では、常に『リスク資産』と『無リスク資産』の配分を考えてなければいけません。

貯金という無リスク資産を、いきなり全てリスク資産にすれば、冷静にトレードや運用が出来ないのは当たり前です。

リスク資産に割り振るのは、全資産の3割~5割におさえて、さらにレバレッジも「ここぞ!」という時以外はレバレッジを低めにおさえて、損失を出しても狼狽しない程度におさえておきましょう。

FXはトータルで損失を出しても、税金を繰り延べる事が出来ますから、一番大事なのは「大損を出して市場から退場しない」ことです。

負けはOKですが、大負けはNG…というのが投資の鉄則ですから、常に資金管理とリスク管理を考えて、無理なトレードは避けましょう。

まとめ:FXトレードをギャンブル的に考えないようにしよう

FXで大損をする人は、大抵、FXをギャンブル的に捉えてトレードをしています。

上がった、下がったで一喜一憂していては、最初はビギナーズラックで勝てても、そのうち必ず負けて大損して退場する事になってしまいます。

FXをやる時は、デイ・スイングトレードにしろスワップ金利目的にしろ、ファンダメンタルズ分析をしっかり行い、常に世界経済と政治の動きに目を配って、自分なりのシナリオを描いて賢いトレードを行うようにしましょう。

関連記事

私なりの長期シナリオと有力な投資について書いています。

・日本は今後、長期的に円安トレンドになっていく!その理由と根拠を解説します

・先進国株式インデックス+南アフリカランドの投資で年利回り10%を目指そう

・南アフリカの経済発展が期待できる4つの理由

私がオススメするFX口座

FX取引を始めるには、FX口座を開設する必要があります。 私がオススメするFX口座はDMM FXです。



DMM FXは国内人気No1のFX口座で、DMM.comが運営するFX口座です。
通貨間のスプレッドや手数料が最安で、スマホでの操作もやりやすく、初心者にオススメのFX口座です。

口座開設も5分で出来るので、ぜひDMM FXでFXデビューをしてみましょう。

今ならキャンペーンでキャッシュバックも貰えてお得ですよ。

DMM FX 口座開設はこちら







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする