不動産投資より株とFXの方が安全な理由。投資初心者が失敗する確率が高いのは不動産投資です

サラリーマンの資産運用と言うと、皆さんが一番最初に考えるのが不動産投資です。

不動産投資は、ワンルームやアパート一棟をローンで購入して、家賃で収入を得る投資です。

誰でも一度は「大家になって家賃収入があったら、どんなに楽だろう」と思った事、ありますよね。

アパートやマンションを所持していれば、自分が住む事だって出来ますし、ほっといても入居者が家賃をどんどん入れてくれるので、まさに不労所得と言えるでしょう。

しかし、現実は甘くありません。

不動産投資は、投資の中でも意外と難しい分野です。

今回は、不動産投資より株とFXの方が安全な理由を紹介します。


不動産投資は最初からババを引かせようと目論む悪いヤツが多い

どうあがいても損になる投資商品を、トランプのババ抜きに例えて「ババ」と呼びますが、不動産投資ではババが非常に多いです。

例えば、表面利回りは高いけど、実はメンテナンスを全然しておらず、ボロボロで住人のモラルも低いスラムアパート。

駅から遠いため売却価格が非常に低くなるマンション。

「安いから」
「利回りが高いから」

とよく考えず表面的な情報だけで購入してしまい、購入後に後悔した…なんてケースは非常に多いです。

現金一括で購入をしていれば、売却して損失だけ計上すれば良いのですが、これが不動産投資ローンなんて組んでいたら最悪です。売却額よりローンの金額が大きければ、借金だけ残るという最悪の結果になることも…。

不動産の世界は、情報がある程度は公開されているものの、初心者にはババを引かせようと考える不届き者が多い市場です。

特に顕著なのがワンルーム投資。

金利4%と高めの金利でローンを組ませてワンルーム投資をさせるのですが、実は経費や空室率を考えると、利回り1%のゴミみたいな不動産商品である事が多く、いわゆるババ物件だったりします。

営業マンは、うまいこと「儲かる」と煽ってワンルーム投資をさせて、利益をごっそり抜いていく。

こんな悪行が普通に行われているのが、不動産投資の世界です。

不動産投資をする時は、まず1年ほど勉強をして、さらにババにならない物件を選んで購入しなければいけません。

さらに物件購入後も、クロス張替えや部屋のクリーニングなど、大家業として行うことは多く、不労所得とは程遠いものです。

また、物件は高額なものが多いですから、借金をして物件を購入しなければいけません。

高額のローンを組むのですから、当然、心理的なハードルは高いですし、失敗した時の痛手も大きくなります。

借金をして高額のお金を回す事は、投資の醍醐味ではありますが、やはり初心者にはハードルが高いと思います。

もちろん、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの代表と言われている通り、しっかり勉強をして物件を見る目を養い、借金する恐怖を克服すれば、それなりにキャッシュフローは回ります。

しかし、基本的に株やFXと違って『足で稼ぐ』系の投資になるので、サラリーマンの片手間の副業…といった甘い気持ちで参入するのはオススメしません。

株やFXは少額から始められてリスクも低く運用できる

一方で、株やFXであれば、自宅にいながら投資が出来ます。

不労所得や投資、資産運用というと、やはり手間暇をなるべくかけたくないですよね。
株やFXは、一度、購入しておけば、ある程度はメンテナンスフリーでお金を増やせるので、不動産投資よりも不労所得に近いです。

「でも、株もFXも破産したり借金が残ったりするんじゃないの?」
「ギャンブル的なものじゃないの?」

という声もありますが、もちろん投資のやり方を間違えれば、ハイリスクなギャンブルになってしまいます。

例えば、FXでレバレッジ25倍でデイトレードを繰り返せば、当然、ハイリスク・ハイリターンになります。

参考:レバレッジとは?

レバレッジ25倍ということは、元手100万円で2500万円分のお金を動かしているのですから、危険極まりない投資ですね。

FXには強制ロスカットという仕組みがあるので、基本的に元手が半分になったところで一度決済されます。

そのため元手が一気に0になる事はありませんが、レバレッジ25倍にもなると、あっという間に2倍か半分かのギャンブルになります。

株も同じで、例えばボラティリティ(変動率)が高いボロ株に集中投資をしてしまうと、激しく損益が上下するギャンブルになります。

こういったギャンブルをする人が、ネットなどで「株で損した!」「FXで全財産をなくした!」と騒ぐので、株やFX=危険なギャンブル…というイメージが出来てしまいました。

しかし、こういった危ない投資をせず、教科書通りの運用さえすれば少ない元手で始められて、着実なりターンを稼ぐ事が出来ます。

株やFXで安全に資産運用を始める方法

株ならインデックス投資。FXならスワップ金利狙いの長期運用を行いましょう。

インデックス投資とは、個別の株に投資するのではなく、市場全体にまんべんなく分散投資する手法です。

スワップ金利とは、外貨預金のように外貨を保有することで、その国の利息を稼ぐ手法です。

詳しくは下記の記事にて解説しています。

・インデックス投資とは|長期投資におすすめの分散投資を詳しく解説

・スワップポイント(スワップ金利)で稼ぐ方法と仕組み。実例付きで詳しく解説

投資初心者や、サラリーマンの方にオススメの投資は、FXのスワップ金利狙いの投資です。

不動産投資とくらべて、借金をせず少額から投資が可能で、敷居が非常に低いです。

例えば、スワップ金利7%の南アフリカランドであれば、10万円から投資出来ます。

先進国通貨である豪ドル(オーストラリアドル)なら、80万前後で投資可能です。レバレッジを2倍かければ40万の元手で運用できます。

豪ドルは、スワップ金利は2%前後と低めですが、先進国通貨だけあって価値が安定しているので、初心者にはオススメですよ。

・スワップ金利狙いで豪ドル(オーストラリアドル)に投資するメリット・デメリット

元手が少ない人は、南アフリカランドでスワップ金利を稼ぐ方が良いでしょう。

スワップ金利は、毎日貰えるため、いつでも投資をやめて回収をすることが出来ますし、通貨への投資なので、そうそうデフォルト(価値が0になること)はありません。

日本の政策金利は0.1%と超低金利ですから、日本円を銀行に預けていても全然増えません。
だからこそ、FXで外貨の高いスワップ金利を稼ぐことが投資における王道になっているのです。

私は先進国株式インデックスと南アフリカランドの二刀流で年利10%を目指し運用しています。

・先進国株式インデックス+南アフリカランドの投資で年利回り10%を目指そう

まとめ:不動産投資の前に株とFXで資産運用の勉強をすべし

不動産投資は、ある程度、お金の回し方が分かっていないとカモにされます。

借金を背負って投資して、ババを引いたら最悪です。

売却やら税金の計算やら苦労した挙句に、何百万も損して終わり…そんな投資はやりたくないですよね。

投資初心者は、まず株とFXの長期運用で『お金がお金を生む』というサイクルをしっかり理解してから不動産投資をしましょう。

株をやるための証券口座、FXをやるためのFX口座は、スマホから5分で申込可能なので、まずは口座開設をして実際にFXトレードをやってみましょう。

「FXの仕組みが全然分からない!」
「株は分かるけど、FXはサッパリ理解できないので不安」

という方は、当サイトの『FXとは?なぜ稼げるのか小学生でも分かるように解説します』の記事を読んでみて下さい。

私がオススメするFX口座

FX取引を始めるには、FX口座を開設する必要があります。 私がオススメするFX口座はDMM FXです。



DMM FXは国内人気No1のFX口座で、DMM.comが運営するFX口座です。
通貨間のスプレッドや手数料が最安で、スマホでの操作もやりやすく、初心者にオススメのFX口座です。

口座開設も5分で出来るので、ぜひDMM FXでFXデビューをしてみましょう。

今ならキャンペーンでキャッシュバックも貰えてお得ですよ。

DMM FX 口座開設はこちら







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする