レバレッジとは?

FXでは、最初に証拠金を預ける(証券口座に入金する)事で、レバレッジをかけた取引を行う事が出来ます。

レバレッジとは、預けた証拠金を担保に、最大25倍までの取引を行うことが出来るシステムです。

例えば、10万円をFX口座に入金して、米ドルを1万通貨、買いのポジションを建てたとしましょう。

1ドル=100円レートなら、1万通貨を購入するのに必要な金額は100万円ですから、元手の10万円に10倍のレバレッジをかけて取引を行う事になりますね。

100万円分の取引をしているのですから、当然、損益やスワップポイントもレバレッジの倍数分だけ大きくなります。


FXでレバレッジをかける事が出来る理由

なぜ、FXでは証拠金に対して25倍もの取引を行えるのでしょうか?

それはFXの決済方法に秘密があります。

FXは、普通の商品売買のように「取引毎に、お金を支払って交換する」訳ではなく、取引で生まれた差額分だけ決済をしているのです。

1ドル=100円の時に、1万通貨(100万円分)を購入した場合、そのまま100万円を支払うのではなく、その後の値動きで生まれた為替損益を決済時に支払うのです。

例えば、ロング(買い)のポジションを取り、1ドル101円になったら、保有するドルの価値は100万円から101万円になりますね。

ここで決済すれば、1万円の為替益を得ることが出来ます。

FXでは、ここで101万円を受け取るのではなく、為替の値動きで発生した差額「1万円」だけを受け取るのです。

この変動によって動いた損益分だけお金のやり取りをする決済方法を、差金決済と言います。

FXとは?の記事では、分かりやすくするため、レバレッジ=借金として扱いましたが、厳密に言えば借金をしている訳ではないのですね。

レバレッジの仕組みは、初心者に説明しても分かりづらいので、FXの本などでは「てこ」として説明されています。

FXで高いレバレッジをかけると大損する?

レバレッジは、証拠金以上のお金をかけてトレードを行うため、当然、為替損益の動きも大きくなります。

もしハイレバレッジをかけて、為替が急に動き、大損してしまったらどうなるのでしょうか?

借金まみれになってしまうのでしょうか?

結論から言うと、為替損によって証拠金が50%になった地点で、FX業者が自動で強制ロスカットを行うため、最悪でも証拠金の半分の損失で収まります。

そのため、基本的にFXトレードで借金を抱える心配は無い…と思って下さい。

昔はレバレッジの規制が無く、強制ロスカットも規制が緩かったため、本当に借金を抱える人もいましたが、今は強制ロスカットが法律で定められているため問題ありません。

もちろん、ハイレバレッジをかけると、値動きが大きくなるので、初心者のうちは低レバレッジでトレードをすることをオススメします。

私がオススメするFX口座

FX取引を始めるには、FX口座を開設する必要があります。 私がオススメするFX口座はDMM FXです。



DMM FXは国内人気No1のFX口座で、DMM.comが運営するFX口座です。
通貨間のスプレッドや手数料が最安で、スマホでの操作もやりやすく、初心者にオススメのFX口座です。

口座開設も5分で出来るので、ぜひDMM FXでFXデビューをしてみましょう。

今ならキャンペーンでキャッシュバックも貰えてお得ですよ。

DMM FX 口座開設はこちら







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする